FC2ブログ

田んぼに闖入(ちんにゅう)客

 夕方、家でヒナたちにエサをやっていると、好幸君から電話がありました。田んぼにトンビがやってきているというのです。急いで田んぼに向かいました。

 田んぼに行くと、好幸君と典さんの奥様、そしてその子の恒ちゃんが来ていました。トンビは先日草刈りをした田んぼの中の畔にうずくまっていました。発見者は典さんの奥様だそうです。さっきまでは立っていたけど今はうずくまっているとのことです。動きはありませんが、よく見ると瞳は時おり開いて動きます。あまり大きくないので、まだ子供なのでしょう。

P1020651.jpg
よく見ると刈り残しの草がたくさんあります。

 何も分からないアイガモたちは、人がトンビの近くに来ると、それに合わせてトンビに近づいてきます。トンビが「死んだふり作戦」をしていたら、確実につかまって食べられてしまうでしょう。でもトンビはそんなことをする余裕はないようです。

 仲間のトンビが寄ってきたり、死体を漁りにカラスが来たら困るので、とりあえず捕まえて田んぼの外に出しておきました。捕まえるときも、立ち向かってきたらどうしようかと思いましたが、すっかり弱っていて全く抵抗はありません。捕まえに行くと、やっぱりアイガモたちがついてきました。

 先日来、夕方になるとトンビたちがウチの田んぼの周りに集まるようになっているので、アイガモたちを狙っているのではないかと心配していました。でも鉄壁の防御システムが装備され要塞化されているので大丈夫だと思っていたのですが、このトンビによってその防御システムが突破されたことがショックです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

宇津さん

Author:宇津さん
 島根県浜田市の兼業農家のせがれです。
 7年前までは母が稲作をしていましたが、高齢で「ひざが痛い、腰が痛い!」と言うので米作りはやめなさいと言ってやめさせ、田んぼをほったらかしていました。3年前一念発起して、私が米作りに挑戦することにしました。
 今年はアイガモ農法に挑戦して5年目。うまくできるかどうかわかりませんが、逐次米作りの様子を紹介します。

我が家の田んぼの位置
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本

リンク