FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいい「しつ問」(アンケート)が届きました。

 夕方、帰宅すると1通の封筒が届いていました。

 開けてみると、6月に稲作について授業でお話した国府小学校の3年生から、総合的な学習で私が行っているアイガモ農法に興味を持ったので質問にも答えて欲しいとの手紙でした(授業で話をしたのは5年生ですが、授業が終わったあと廊下に箱に入れたアイガモを置いていたのでそれを見たようです)。

 質問は次のとおりでした(一部ひらがなをカタカナに変換)。

① アイガモは全部で何羽いますか。
② アイガモのエサはなにですか。
③ どんな活やくをするんですか。
④ 名前はつけているんですか。
⑤ さいごにうまれたのはいつですか。
⑥ アイガモのあかちゃんはいますか。
⑦ オスとメス、どちらが多いですか。
⑧ オスのとくちょうはどこですか。
⑨ オスとメスのみわけかたはなんですか。
⑩ いつからはじめられましたか。
⑪ なぜはじめられましたか。

 回答の多くはこのブログで紹介していることですが、オスとメスの区別なんか全く気にしていなかったので、正直に「わかりません。」と回答しました。なるほど、子供たちはそんなところに興味があるんですね。


質問が書かれた紙ははもう一枚ありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

宇津さん

Author:宇津さん
 島根県浜田市の兼業農家のせがれです。
 7年前までは母が稲作をしていましたが、高齢で「ひざが痛い、腰が痛い!」と言うので米作りはやめなさいと言ってやめさせ、田んぼをほったらかしていました。3年前一念発起して、私が米作りに挑戦することにしました。
 今年はアイガモ農法に挑戦して5年目。うまくできるかどうかわかりませんが、逐次米作りの様子を紹介します。

我が家の田んぼの位置
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。