FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイガモを兵庫県の加工所まで運びました!

 週末にアイガモを田んぼの隅の囲いの中に追い込み、いつでも捕まえられる状態において、翌8日(月)の朝捕まえました。そしていつものようにヒナを買った大阪の業者に送ろうとしたら、今週は予約でいっぱいで来週までは受けられないとのこと。こんなことは5年目にして初めてでした。

 そこで、以前から知っていた兵庫県のアイガモ加工場である「わはは牧場」に電話して聞いたら、金曜日なら受け入れられるので、木曜日までに届けてくれたら良いとの返事。それならいつもの宅配便のH社に届けてもらおうと思ったら、H社は営業所止めで届けるけどわはは牧場の最寄りの営業所は牧場から1時間以上離れたところにあり、事実上無理。生き物でも届けるとホームページにあったY社の浜田の営業所にお願いしたら断られたので、今週いっぱいアイガモを家で買って来週大阪に届けるか、木曜日に兵庫に自分で持ち込むかの判断を迫られました。

 そこでとった私の選択は、兵庫に持ち込むことでした。家でアイガモを飼うのが大変なのと、一度このわはは牧場を訪れてみた刈田からです。わはは牧場は兵庫県の養父市にあり、クルマで5時間の距離なので、なんとか1日かければ持ち込むことが出来るのです。

 そして今日(11日)、休みを取って朝6時に家を出たら、11時半にわはは牧場に着きました。


浜田から304km。リッター28kmだったのでかかったガソリンは11リットル弱。片道約1,700円ですね。




 わはは牧場は、アイガモ農法や豚・牛の飼育に加えそれらの肉の加工を行っておられる牧場です。アイガモの処理もしているので、私のようなアイガモ農法を実践している農家にとって助かる存在です。
 詳しくはこちらをご覧下さい。



 帰りはゆっくり帰り、7時前に帰宅しました。処理してもらったアイガモの肉と購入したベーコンは、来週に届く予定です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

宇津さん

Author:宇津さん
 島根県浜田市の兼業農家のせがれです。
 7年前までは母が稲作をしていましたが、高齢で「ひざが痛い、腰が痛い!」と言うので米作りはやめなさいと言ってやめさせ、田んぼをほったらかしていました。3年前一念発起して、私が米作りに挑戦することにしました。
 今年はアイガモ農法に挑戦して5年目。うまくできるかどうかわかりませんが、逐次米作りの様子を紹介します。

我が家の田んぼの位置
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。