FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜は「鴨鍋」でした!

 今夜は、去年田んぼで育てたアイガモの肉で「鴨鍋」を作りました。

 一昨年のアイガモ飼育は大失敗でしたが、去年は穂が出ても引き上げずに田んぼで育てたところ、1月1日の写真のとおりまるまる太ったアイガモが「収穫」でき、しかもカメムシの被害を抑えることもできました。

 そのアイガモの肉は棒状になったものを冷凍してあり、まず冷凍のままスライスして冷蔵庫で解凍しておきます。前日に冷凍庫から冷蔵庫に移しておき、今朝スライスしたところ、切れにくいウチの包丁でも綺麗にスライスできました。



 次に、適当に調合したスープに自家製の白菜・ネギ・春菊と豆腐・しらたき・エノキを入れ、火が通ったところでアイガモの肉を入れます。「カモネギ」というほどなので、たっぷりネギを入れます。



 ご覧のとおり、美味しそうに出来上がりました。食べてもとてもおいしく、家族で去年のアイガモ農法の成功を実感しました。



 最後は、そばを入れて鴨南蛮そばにしていただきました。




 去年は最終的に5羽残ったので、冷凍庫にはあと「4本」のアイガモ肉があります。次はいつ食べようかな~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鴨は飛んでどこかに逃げていかないのかね

patagoniaさん、初のコメントありがとうございます。

 アイガモは小さいうちはよく「脱走」して困らせますが、飛べるくらいに大きくなっても、なぜだか飛んで逃げたりしません。大きくなった頃には稲も大きくなって、飛ぶために助走するような空間がなくなっているからかなとも思いますが、よくわかりません。

 でもお陰で美味しいカモ肉を食することができるわけです。
FC2カウンター
プロフィール

宇津さん

Author:宇津さん
 島根県浜田市の兼業農家のせがれです。
 7年前までは母が稲作をしていましたが、高齢で「ひざが痛い、腰が痛い!」と言うので米作りはやめなさいと言ってやめさせ、田んぼをほったらかしていました。3年前一念発起して、私が米作りに挑戦することにしました。
 今年はアイガモ農法に挑戦して5年目。うまくできるかどうかわかりませんが、逐次米作りの様子を紹介します。

我が家の田んぼの位置
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。