FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010コメづくりの反省① スケジュール

 今年のコメづくりが終わったところで、1年を振り返って反省し、来年度のコメづくりにつなげていきたいと思います。ということで、2010コメづくりの反省シリーズ第1弾は、スケジュールについてです。

 今年のコメづくりの主要イベントの日程をまとめると次のようになります。

 4月 4日 荒起こし(委託)
 4月29日 イデ堰き 5月 8日 代掻き (委託)
 5月13日 苗が届く
 5月15日 田植え
 7月15日 ヒエ取り(第1回)
 8月15日 出穂
 9月25日 稲刈り
10月15日 脱穀(委託)

P1020390.jpg
田植えの風景。学生や子どもたちもやってきてにぎやかに行われました。

 田植えのちょうど3か月後に出穂(しゅっすい)し、その1月と10日後が稲刈り、その20日後が脱穀という日程でした。

 田植えをしてしまえば(アイガモのことは別にして)、熟れたら刈り、乾けば扱ぐ(こぐ)だけのことなので、適期を逃したとかいうことはありません。特に脱穀(稲扱ぎ)は初めてモミの水分を測ってもらって適期にできました。注目してほしいのは、稲刈りの適期が9月下旬の涼しくなった頃だったということです。

 コメづくりの作業で一番大変なのは稲刈りでした(と思っていましたが、全部の作業を経験した今では、畔切りかもしれないと思います)。その稲刈りを、早生(わせ)のコシヒカリを作れば早ければ8月末のまだまだ暑いときにしなければなりません。そこで中生の「きぬむすめ」にし、アイガモの成育のことも考えて水が温んだころに田植えをしたら、ちょうど涼しくなった頃に稲刈りとなりました。思惑どおりになりました。

 また、周りの田んぼが次々出穂したのにウチの田んぼだけ穂が出てこないときにはちょっと心配でしたが、8月15日に田んぼを見に行って穂が出ていた時には、ちょっと感激しました。

 来年もこのスケジュールで挑戦したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

宇津さん

Author:宇津さん
 島根県浜田市の兼業農家のせがれです。
 7年前までは母が稲作をしていましたが、高齢で「ひざが痛い、腰が痛い!」と言うので米作りはやめなさいと言ってやめさせ、田んぼをほったらかしていました。3年前一念発起して、私が米作りに挑戦することにしました。
 今年はアイガモ農法に挑戦して5年目。うまくできるかどうかわかりませんが、逐次米作りの様子を紹介します。

我が家の田んぼの位置
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。