FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイガモ米を炊きました

 やっとのことですが、今年獲れたアイガモ米(品種は「きぬむすめ」)を初めて炊いて食べました。

 今まで炊かなかったのは、先月初めに買ったコシヒカリが、在庫がたくさんあったのに買いすぎたので昨日まであったからです。先おととしまでは新米ができたときに家にあるのは「古米」だったので、精米が終わったらすぐに炊いて新米を賞味していましたが、今回は新米があり、しかもコシヒカリだったので、そんなに急いで食べようかという気にならなかったのです。

 炊けた新米は写真のようにツヤがあってピカピカしています。

P1040298.jpg
写真の真ん中あたりに黒い粒が見えますが、これはカメムシの被害で黒くなったコメ粒です。

 食べてみるととてもおいしくて、コシヒカリにも引けを取りません。その理由を考えてみました。

1 天日干しであること
 ご存知のように、手間暇かけて稲架木を組み、天日干したので美味しくないはずありません。30年ほど前ですが、我が家でせっかく育てたコシヒカリを「生こぎ」(稲刈りしてすぐ脱穀すること)して乾燥機で乾燥してもらったら、全然美味しくなかったことがありました。市販のおコメはまず天日干しではありません。

2 モミで保管してあること
 収穫してからあまり月日が経っていないのであまり影響ないかもしれませんが、玄米で保存するよりはモミで保存した方が味が変わらないそうです。白米にするともっと味が落ちるそうです。

3 自分で育てたコメだから
 ま、これが一番でしょうが、この点を差し置いても十分おいしいおコメです。

 今まで買っていた5㎏2,000円(10月以降は、1,750円)の金城産コシヒカリに劣らない味で、しかも天日干しのアイガモ米なので十分この値段で売れるでしょう。ただ、カメムシのせいで黒い斑点があるコメ粒があるので商品価値は劣るかもしれません。

 いずれにしても、家で食べる分しかないので、売るわけにはいきません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

宇津さん

Author:宇津さん
 島根県浜田市の兼業農家のせがれです。
 7年前までは母が稲作をしていましたが、高齢で「ひざが痛い、腰が痛い!」と言うので米作りはやめなさいと言ってやめさせ、田んぼをほったらかしていました。3年前一念発起して、私が米作りに挑戦することにしました。
 今年はアイガモ農法に挑戦して5年目。うまくできるかどうかわかりませんが、逐次米作りの様子を紹介します。

我が家の田んぼの位置
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。