FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010コメづくりの反省③ アイガモ

 アイガモ農法についての反省です。

 アイガモ関連の日程は次のとおりでした。

 3月19日 アイガモのヒナを注文
 5月18日 アイガモのヒナが届く(20羽)
 5月29日 アイガモを田んぼに連れて行き慣らす(18羽)
 5月30日 アイガモを田んぼに放ち、カラスに襲われる(10羽に)
 6月 1日 アイガモ10羽を追加注文する
 6月 3日 アイガモを田んぼの囲いの中で育てる
 6月 5日 アイガモを田んぼ全体に放す
 6月15日 追加したアイガモ(10羽)が届く
 6月26日 追加したアイガモ(6羽)を田んぼに放す(合計16羽)
 7月 9日 アイガモ1羽が行方不明になる
 8月上旬 アイガモが次々と行方不明になる
 8月11日 アイガモを引き上げる(4羽)
 8月12日 処理場へ発送
 8月13日 処理場より肉になって戻ってくる

P1020570.jpg

 と、書き出せばこのようになりますが、はっきり言ってアイガモの『飼育』については失敗でした。

 なぜなら、田んぼに連れて行ってすぐカラスに襲われ8羽も殺され、追加した10羽は家で飼ううちに4羽が死に、田んぼに放しても先輩たちにいじめられて大きくなれず、その先輩たちを含めても8月には次々行方不明になり結局4羽しか残りませんでした。その4羽も十分成長させることができず、できた肉はわずかで、しかも鳥ガラみたいなものでした。

 しかし『アイガモ農法』についてはまずまずだったと思います。3月にまいたケイカル以外は肥料はやらず、代掻き後に1度除草剤を使った以外は農薬も使わずに十分な収穫ができたのは、アイガモたちの働きによるところも大きいと思います。アイガモを田んぼに放す時期が遅れたためにヒエがはびこってしまいましたが、まわりの除草剤をやった田んぼも今年はヒエがかなり生えていたことと比べても、そんなに失敗とは言えないでしょう。

 また、アイガモたちが人々に与えた影響も大きかったと思います。大勢の人たちがアイガモを見に田んぼに訪れました。近所のおじさんたちは毎朝アイガモの様子を見て、田んぼの外に出ていたりしたら電話で知らせてくれました。もちろん一番影響を受けたのは私です。アイガモを育てていた3か月の間は、寝ても覚めてもアイガモのことが気になり、朝早く田んぼに行ってエサをやり、仕事から帰ってもエサをやりと、アイガモを中心に生活が回っていたようなところがありました。

 と言うことで、来年はアイガモの飼育も成功させてやろうと思っているところです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

オーナー制度で是非とも5羽ほどお願いしますね

了解しました。導入しましょう!

オーナーの名札を付けたアイガモたちがところ狭しとエサを獲りあう姿が目に浮かびます。自分の名札を付けたアイガモにだけエサをやったりして…

そういえば典さん、ミナミが一日警察官になってましたね。テレビで見ました。「お宅の娘」かと電話がかかってきたりしましたよ!

当日は仕事休んで(笑)カメラマンして親バカを発揮してましたf^_^;
うちにも電話あったりして みなさん案外某局を見ておられるんだなぁと…
市長さんに「屋号」を聞かれ「○○屋」と答えたら分かってもらえたと言ってました 屋号おそるべし
FC2カウンター
プロフィール

宇津さん

Author:宇津さん
 島根県浜田市の兼業農家のせがれです。
 7年前までは母が稲作をしていましたが、高齢で「ひざが痛い、腰が痛い!」と言うので米作りはやめなさいと言ってやめさせ、田んぼをほったらかしていました。3年前一念発起して、私が米作りに挑戦することにしました。
 今年はアイガモ農法に挑戦して5年目。うまくできるかどうかわかりませんが、逐次米作りの様子を紹介します。

我が家の田んぼの位置
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。