FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメの水分を測ってもらいました

 昨日の夕方採って来た稲の穂を持って、昼休みにJAの本所に行ってコメの水分を測定してもらいました。

 神田さんから教わったとおり「きんさい市場アグリ」の隣の事務所に稲穂をもっていきました。昼休みにもかかわらず快く対応していただいて水分を測定してもらいました。

 まず稲穂から籾を取ってこの箱に入れてグリグリしたので、こんなことで水分が測れるのかと思ったら、ただ籾すりをしただけでした。

P1040205.jpg

 籾すりが済んだら箱の中身を黒い皿に空け、コメ粒だけを左の白い板のくぼみに20粒ほど入れます。

P1040210.jpg

 白い板をそのまま測定器に入れて右のレバーを回してコメ粒を砕くと、左に水分が表示されました。14.0%でした。もう少しレバーを回して再度計測したら、今度は14.3%でした。

P1040211.jpg

 測定してくれた方によると、14.0~15.5%が脱穀に適した水分量で、これより少なくなると割れやすくなるとのことでした。早く脱穀した方がよいということです。早速中田屋さんに電話して、仕事の都合がよい明後日の午前中に脱穀してもらうことにしました(土・日は久代神社の秋季例大祭なので、農作業はできません)。

 脱穀に備えてコメ袋を買い、また、稲刈りのときにバインダーが結束しなくなったときの修理代を支払いました。

【本日の支出】 コメの袋(30Kg用10枚)@39×10=390円
          バインダーの修理代         4,725円
【出費の累計】                      146,191円
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

宇津さん

Author:宇津さん
 島根県浜田市の兼業農家のせがれです。
 7年前までは母が稲作をしていましたが、高齢で「ひざが痛い、腰が痛い!」と言うので米作りはやめなさいと言ってやめさせ、田んぼをほったらかしていました。3年前一念発起して、私が米作りに挑戦することにしました。
 今年はアイガモ農法に挑戦して5年目。うまくできるかどうかわかりませんが、逐次米作りの様子を紹介します。

我が家の田んぼの位置
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。