FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畔切りをしました

 ゴールデンウィーク2日目の4月29日(日)、久々に田んぼに出かけ、畔切りの作業をしました。

 畔切りとは、田んぼとまわりの畔の境界を確定させる作業と説明すればよいのでしょうか。一昨年は大変苦労した記憶がありますが、そのとき苦労して「畔波」を埋めたので、その畔波に沿ってスコップを入れて畔波を掘るようにしたら意外と簡単でした。







 田んぼの縁(畔)に沿って土の色が黒くなっているのが畔切りをした証拠。写真では分かりにくいけど、灰色っぽくみえるのが畔波。トタンのように見える(私自身、当分トタンか何かの勤続せいだと思っていた)けど、塩ビかな、樹脂製です。

 畔切りに1時間半、畔と水路周りの草刈りを1時間ほどですませ、久々の農作業は2時間半ほどで終わりました。

 前回の記事から1週間ほどですが、田んぼの中にかなり草が生えています。
スポンサーサイト

田んぼが起こしてありました

 今年も田んぼの荒起こしと代掻きは中田屋さんに頼んであります。

 そろそろ荒起こしがしてあることだと仕事帰りに何回か田んぼに立ち寄ってみましたが、今日の帰りに立ち寄ってみると、ご覧のように荒起こしがしてありました。






 今後の作業は、

畔切り→水張り→代掻き→田植え

となります。

アイガモの代金を送金しました

 既に先月末に電話で「津村孵化場」に注文はしてありましたが、今日、アイガモの代金を送金しました。

 アイガモのヒナを扱っているこの津村孵化場は、代金は振り込みではなく郵送することになっているので、面倒ですが現金書留で送ります。納品は5月15日の予定でしたが、田んぼに放す日はそのまま5月19日にして家で飼う日数を長くした方がよかろうとの判断で納品を1週間早め5月9日にしてもらいました。

 また、典さんがどうしてもアイガモのオーナーになりたいと言うので、ヒナの数を5羽増やして25羽にしました。

 いずれも、電話で確認したらOKだったので、25羽分の代金(630×25=15,750円)と送料(2,500円)を送りました。

 今日の支出 ヒナ代 15,750円
       送料     2,500円
       郵送料    560円
       封筒代     20円
       合計     18,830円

アイガモ農法、準備は進んでいます!

 ブログの更新は怠っていましたが、今年のアイガモ農法の準備は着々と進んでいます。

 まず、先月末が期限のコメの苗の申し込みを締め切りまでに済ませました。去年はモチ米も一部作付しましたが、生育がウルチ米と違ったりして管理が面倒なので今年はウルチ米だけにします。品種は「つや姫」も魅力だったけど、JAで扱っていないので今までどおり「きぬむすめ」です。5月12日(土)に田植えの予定なので、5月10~11日に納品してもらいます。

 次に、アイガモのヒナも申し込みました。5月12日の田植え後の16日に届くように送ってもらい、19日ごろ田んぼに放す予定です。

 今年の田植えには、地元の小学生と、小学生だけでは少ないので年長さんもお誘いして「田植え体験」と「アイガモ放鳥」をしてもらおうかなと思っています。それと、もうひとつ考えている「サプライズ」がありますが、それが何かは後日のお楽しみとしておきましょう。

 4月になると、中田屋さんが荒起こしをしてくれて、稲作の準備が一挙に進みます。写真はそれを静かに待っているウチの田んぼです。




FC2カウンター
プロフィール

宇津さん

Author:宇津さん
 島根県浜田市の兼業農家のせがれです。
 7年前までは母が稲作をしていましたが、高齢で「ひざが痛い、腰が痛い!」と言うので米作りはやめなさいと言ってやめさせ、田んぼをほったらかしていました。3年前一念発起して、私が米作りに挑戦することにしました。
 今年はアイガモ農法に挑戦して5年目。うまくできるかどうかわかりませんが、逐次米作りの様子を紹介します。

我が家の田んぼの位置
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。