FC2ブログ

無事、田植えが終わりました!

 いよいよ今日は田植えの日。田植えは稲刈りと並んでコメづくりの2大イベントです。

 環境にやさしい農業をということから(ホントは出費もかさんでいので)、お願いして機械で植えてもらうのではなく、手植えをします。といっても一人ふたりで植えるのは大変なので、心強い助っ人を頼んでいます。島根県立大学環境倶楽部「しまえっこ」のみなさんです。

 「しまえっこ」のホームページ(ブログ)を見つけ、メールで(後に代表者と会って)「環境にやさしい農業を体験してみないか」と提案したところ、「ぜひやらせて下さい」というので話がまとまり、今日来てもらいました。女子大生1人を含む6人が来てくれました。それと、奥さんが私の高校講師時代の生徒だったという職場の新入りに声をかけたところ、親子4人で来てくれました。こうして、狭い田んぼに総勢12名での田植えとなりました(内2人は用事ですが…)。

 この地方では、まずこのようにして例の徳さんにもらった道具で筋を引き、その筋の上に適当な間隔で苗を植えていきます。

P1020385.jpg
師匠の指導に従い、大学生も筋引きに挑戦します

P1020387.jpg

 10年前に私が作ったホームページ「おコメができるまで」には「(当時作っていた家の前の田んぼは)5アールほどの田んぼですが、2人がかりで3時間ほどかかったそうです」とあるので、単純に計算しても7アールの田んぼを子供をのぞいた10人で植えれば1時間ほどで植えられると思っていたのに、師匠を除いて素人の集まりなので3時間もかかってしまいました。

P1020389.jpg
「枯れ木」ならぬ「元休耕田」も「山のにぎわい」でした。

 朝から始めて昼過ぎにはこのように田植えが完了しました。みなさん、ご苦労さまでした。
P1020394.jpg


【上記の支出】 しまえっこのみなさんの汽車賃 本体 2,090円 (回数券190×10+190)
          休憩時のお茶と菓子          1,929円
【出費の累計】                        106,770円
スポンサーサイト



苗が届く!

 今日13日と明日14日が稲の苗が配達される予定の日です。

 申込書には、高さ50㎝程度の立札に名前を書いて田んぼに立てておくようにとなっているので、昨日の夕方、名前を掻いた段ボールを木の棒に押しピンで留めただけの簡単な看板を作って田んぼに立てておきました。写真の田んぼの中に突き出ている白い柱のようなものの手前にあるのがそれです。

 そして今日、仕事から帰って田んぼに行くと、ご覧のとおりちゃんと箱苗16枚が届いていました。


看板には名前とともに、「配達ご苦労さまです」と書いておきました。 

 苗の高さはご覧のように15㎝ほどで、箱の中にびっしり植わっています。乾くといけないので、写真を撮った後で田んぼの中につけておきました。一緒に行った師匠からは、「草が刈ってない」と小言をいただきました。田植えの前に刈ろうと思っていたのですが、そうすると草が田んぼに落ちていけないのだそうです。

P1020371.jpg


 田んぼをみると、何やら泡の塊りようなものが浮いていて、よく見ると小さな粒つぶがいっぱいあります。近くでカエルの鳴き声がするのでカエルの卵でしょう。ちゃんと孵って、アイガモちゃんたちのエサになってください。

20100512190622.jpg


【本日の支出】 きぬむすめ苗 930円×16箱=14,880円
【出費の累計】                    53,361円

たいへんだ! キツネが出るらしい!

 田植えに向けた準備が進む中、田んぼの近くに住む好幸君からメールが届きました。

 内容は、ベランダでたばこを吸っていたら,なんとキツネを見つけたというのだ! 気を付けてくださいともある。

 タヌキはまだしも、キツネはあまりこのあたりでは見かけないが、やっぱりいるんですね。先日も書いたとおり電気柵を張る予定ですが、乾電池式でもあり、少し不安です。

 ところで、好幸君ちにベランダがあったっけ?

田植えの準備が着々と・・・

 昨日、代掻きが終わったのに続き来週末の田植えに向けて準備をしました。

 まず、アイガモを放った後アイガモが逃げないように張るネットの支柱を作りました。次の図のように、アイガモを放った後でイタチやノラ猫がカモを取りに田んぼに入らないように電線を張るとともに、アイガモが逃げないようなネットを張る予定です。そのための支柱を3m間隔で立てるとすると25本ほど必要となります(コンクリート擁壁の部分を除く)。1本200円程度で売っていますが全部で5,000円もかかるので、近所の竹やぶで竹を分けてもらって自分で作りました。1.6mほどに切って節の出っ張りをとり、ネットを取り付けやすいように針金を付けて終わり。予備を含め30本作りました。

net.jpg
草が生えて電線に触れると漏電するので、それを避けるためにシートを張ろうと思います。

 以前、母に頼まれて同じように竹を加工して支柱を作ったときにはとてもタイギ(めんどくさいこと)だったのですが、今日は全くそんなことは感じませんでした。

 また、田植えをするときにこの地方では田んぼに線を引いて、その線に沿って植えます。その線を引く道具がウチにはないのですが、先日の飲み会で徳さんチには2つあるというので、借りに行きました。ところが徳さんは「いらんけえ、あげらあ。ウチは田植機で植えるけえ。」と言ってくれるので、お言葉に甘えもらって持って帰りました。写真中央のトンボのような道具がそれで、その手前が竹製の支柱です。

P1020365.jpg

 着々と田植えに向けた準備がすすで行きます。今後の予定は次のとおりです。 

  5月13日(木) 苗が届く日
  5月15日(土) 田植えの日
  5月18日(火) アイガモが届く日
  5月28日(土) アイガモを田んぼに放す日

【本日の支出】 カラー針金 340円
【出費の累計】       38,481円

代掻きをしてもらいました

 昨日お知らせしたとおり、今日代掻きをしてもらいました。

 動画も撮ってあるのですが、FC2への登録がうまくできず動画のアップはできません。写真でのみ代掻きの様子をご覧ください。

P1020349.jpg

P1020347.jpg

P1020350.jpg

 このようにして、荒起こししてもらった後、かなり草が生えていた田んぼを田植えができる状態にしてもらいました。そのあとで、中田屋さんの助言にしたたって除草剤をまき、今日の仕事はお昼で終わり。

【本日の支出】荒起・代掻き代金 16,100円((荒起10,000円+代掻13,000)×0.7反)
                除草剤 2,037円
【出費の累計】            38,141円
FC2カウンター
プロフィール

宇津さん

Author:宇津さん
 島根県浜田市の兼業農家のせがれです。
 7年前までは母が稲作をしていましたが、高齢で「ひざが痛い、腰が痛い!」と言うので米作りはやめなさいと言ってやめさせ、田んぼをほったらかしていました。3年前一念発起して、私が米作りに挑戦することにしました。
 今年はアイガモ農法に挑戦して5年目。うまくできるかどうかわかりませんが、逐次米作りの様子を紹介します。

我が家の田んぼの位置
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本

リンク