FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の農作業

 今年最後の農作業をしました。それは、ワラを切る作業です。

 稲コギが終わってから、一部のワラは持ち帰ってしめ縄や野菜作りに使いますが、大部分の残りは写真のように田んぼにほったらかしにしてありました。それを押し切りで切り刻んで田んぼにばら撒く作業です。そうやって田んぼに有機分を補給するのです。


左は既に切り刻んで散らばらしてあります。

 このようにして押し切りでワラを切ります。腐りかかったワラは簡単に切れますが、そうなっていないワラは切りにくくて仕方ありません。うっかり指を切らないように細心の注意で作業をします。



 先週の土曜日と今日の2日で何とかやり終えました。例年は11月中には済ますのですが、今年は11月に遊びすぎたので年末になってしまいました。



 稲刈り前に種を播いたレンゲが、全体ではないけどこのように順調に育っています。来年の春が楽しみです。



 作業中に、田んぼに水たまりに見慣れない生き物を見つけました。ドジョウみたいだけど手足があるから違うし、腹が赤くないからイモリじゃないし、水の中にいるからもちろんヤモリでもないし・・・ もしかして、サンショウウオでしょうか?



スポンサーサイト

学習発表会で、「アイガモ農業の達人」として紹介されました!

 招待されていた国府小学校の学習発表会へ行ってきました。

 3年生の教室に行ってみると、「板ワカメの達人(川畑屋、川辺さん)」や「イカ作りの達人(善田乾魚店、善田さん)」「ぶどう作りの達人(吉田さん)」たちと並んで「アイガモ農業の達人」として紹介・発表されました。





 アンケートで質問されていた項目のいくつかが発表されましたが、

問「オスとメスはどちらが多いですか」
答「オスとメスの区別がつきません」

問「オスとメスの特徴はなにですか」
答「わかりません」

といった内容で、教室内で失笑が起こりました(笑)。来年は、調べてわかるようにしないといけませんね。

 10年ぶりくらいに行った国府小学校の学習発表会でしたが、校舎の新築工事中で体育館が使えないので、学年ごとに教室での発表で、当時と比べても随分様変わりしていました。

学習発表会の案内状をいただきました。

 夕方、仕事を終えて帰宅すると、国府小学校からお手紙が届いていました。さっそく開いてみると、なんと学習発表会の案内状でした。



 先日、アンケートに答えた3年生からの招待状で、「教室発表は地いきのたつ人の発表です」とあるので、もしかして、私が地域の達人になっているのでしょうか?
 
スキャン_20141120

 教室発表は、9時10分からと10時50分からです。幸い、その時間帯は予定が入ってません。「大人の方のバザーもあります」とあれば、行くしかありませんね。どんな発表があるのか楽しみです。


かわいい「しつ問」(アンケート)が届きました。

 夕方、帰宅すると1通の封筒が届いていました。

 開けてみると、6月に稲作について授業でお話した国府小学校の3年生から、総合的な学習で私が行っているアイガモ農法に興味を持ったので質問にも答えて欲しいとの手紙でした(授業で話をしたのは5年生ですが、授業が終わったあと廊下に箱に入れたアイガモを置いていたのでそれを見たようです)。

 質問は次のとおりでした(一部ひらがなをカタカナに変換)。

① アイガモは全部で何羽いますか。
② アイガモのエサはなにですか。
③ どんな活やくをするんですか。
④ 名前はつけているんですか。
⑤ さいごにうまれたのはいつですか。
⑥ アイガモのあかちゃんはいますか。
⑦ オスとメス、どちらが多いですか。
⑧ オスのとくちょうはどこですか。
⑨ オスとメスのみわけかたはなんですか。
⑩ いつからはじめられましたか。
⑪ なぜはじめられましたか。

 回答の多くはこのブログで紹介していることですが、オスとメスの区別なんか全く気にしていなかったので、正直に「わかりません。」と回答しました。なるほど、子供たちはそんなところに興味があるんですね。


質問が書かれた紙ははもう一枚ありました。

稲ハデの木と竹を片付けました

 先週末に稲こぎをして、とりあえず解体したままで放置してあった稲ハデの木と竹を片付けました。

 今日予定されていた町内行事の宮の裏山の下草刈りが思ったより早く(8時に始まって9時半に)終わったので、そのまま田んぼに行って、田んぼにほったらかしにしてあった木と竹を稲ハデ置き場(田んぼのとなりの畑)に運び、重ねて置いた後、雨が降っても濡れないよう一部ブルーシートを掛け、トタンの板で覆ってロープで縛って終わりです。2時間ほどの作業でした。

 写真を撮り忘れたので、後日撮影してアップします。
FC2カウンター
プロフィール

宇津さん

Author:宇津さん
 島根県浜田市の兼業農家のせがれです。
 7年前までは母が稲作をしていましたが、高齢で「ひざが痛い、腰が痛い!」と言うので米作りはやめなさいと言ってやめさせ、田んぼをほったらかしていました。3年前一念発起して、私が米作りに挑戦することにしました。
 今年はアイガモ農法に挑戦して5年目。うまくできるかどうかわかりませんが、逐次米作りの様子を紹介します。

我が家の田んぼの位置
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近読んだ本

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。